顔の下半分から顎と首にかけての肌荒れに悩んでいました

私が悩んでいたのは、コロナ禍における感染対策のために日頃マスクをつけていることによる、顔の下半分から顎と首にかけての肌荒れです。さらに、行動が制限されていることに対するストレスによる寝不足が肌に大きく影響していることです。
私が実践したスキンケア方法は、まず、家や他の場所でも、誰もいない環境では、マスクを外して、保湿をしたり、マスクによる摩擦が減るようにしています。そのため、保湿クリームや肌荒れ用のスキンケア用品を日頃持ち歩いています。あとは、顔を洗うときにストレス緩和のため、アロマ配合の石鹸を使ってリラックスしています。
私が保湿クリームを持ち歩いたり、アロマ配合の石鹸を使ったスキンケアを実践してどうだったかというと、以前より肌荒れを気にしなくなりました。マスクをつけることが嫌でしたが、今では解決策もあり、これまでは、マスクというストレスや行動制限によるストレスという様々な方向から受けていましたが、今ではそのストレスから解放され、肌も調子を上げてきました。
保湿クリームやアロマ配合の石鹸を使った洗顔をおすすめしたい人は、やはりこのコロナ禍という環境で肌荒れに悩んでいる人です。逆におすすめしたくない人については、外でマスクを外すことに対する恐怖心がある人や、いちいち面倒だと思う人です。
保湿クリームを持ち歩くことは、いついかなる時に乾燥に見舞われても大丈夫な安心材料です。いろんなストレスが生活の中に潜んでいると思いますが、肌荒れというストレスにいちいち構ってられないという方は、この方法を試してみてください。マスクをしているから肌荒れがバレないという意識ではなく、マスクを外せる時代が来た時のために、綺麗な肌でいたいと思う方におすすめです。